MPF Japan Menu
Official Blog Filmography Interview Library Link Message Board
Contact Us

ファンレターのあて先
c/o Mavrick Artists Agency
8447 Wilshire Blvd.
Suite 301
Beverly Hills, CA 90211
USA



Seach
Archive





























PostHeaderIcon 『ファインド・アウト』脚本アリソン・バーネットより寄稿

☆公開が迫る『ファインド・アウト』脚本アリソン・バーネットより寄稿

詳細は続きからどうぞ

『ファインド・アウト』6月15日(土)より全国ロードショー
(公式サイト:ファインド・アウト

脚本を担当したベストセラー作家アリソン・バーネットが自身の脚本と映画について特別に寄稿してくれました。
(原文は日本語訳の下部に掲載しています)

ファインド・アウトのマイケル

アリソン・バーネットからのメッセージ:

最近のスリラーの多くは、ゾッとするような残酷描写や血しぶき、あるいは超常現象を多用することでスリルを表現しています。衝撃的な迫力のあるシーンの連続では、登場人物が活きてきません。『ファインド・アウト』は登場人物の性格描写をもとにそのストーリーを紡ぐ昔ながらのスリラーです。突き詰めると、世界中を敵に回しても、自分自身を信じることが出来るかどうかを描いています。ジルを演じるのは美しい演技派アマンダ・セイフライド。誰からも信じてもらえず、自分自身を信じるほかありません。この映画は誰一人ヒロインを助けようとしない珍しいスリラーです。助けないばかりか彼女の邪魔をするのです。ジルは凜としていて意志の強い若い女性として描かれています。

マイケル・パレをキャストに迎えることができて本当に良かったです。彼も出演したことを喜んでくれていると思います。マイケルは疑いと同情の間を揺れ動くボーズマン警部補を演じました。

ファインド・アウト

オリジナル脚本が誕生するまで

アリソン・バーネットは『アンダーワールド 覚醒』等、数多くのヒット作品を持つ売れっ子の脚本家だ。しかし実はこの『ファインド・アウト』、執筆当初、映画化されるかどうかは全く決まっていなかった。

「森の奥深くにぽっかりと空いた穴。そこに女の子が閉じ込められているんだ」。プロデューサーのクリス・サルヴァテッラは、思い浮かんだこのワンシーンをバーネットに伝えた。サルヴァテッラはこの情景がどうしても頭から離れないという。ほどなくバーネットまでもが「穴に埋められた女の子」のイメージに取り憑かれ、ともすれば、その情景が浮かんできてしまう。バーネットはこうして『ファインド・アウト』の脚本を書かずにはいられなくなったのだという。

しかし、どのようにストーリーを展開するか、バーネットは想像すらできなかった。「主人公のジルと同じ状況だった、僕は本当に途方に暮れていました。普通はあらすじを決めた後それに沿って書いていくのですが、そのプロットが全く思いつかない。それで書きながら、ストーリーを展開させていこうと考えたんです。これは映画の中でジルがとったアプローチと全く同じなのです。手がかりを見つけて、それに従う。僕自身が見通せない展開は、観客にも予想できないですよね」。脚本は8週間で完成し、朝9時にレイクショア社に届けられた。それから2時間も経たないうちに、プロデューサーのトム・ローゼンバークはバーネットに電話をかけ、「映画化する」と知らせることになる。

ローゼンバーグが言う。「『ファインド・アウト』の脚本には現実感がありました。物語はたった一日の間に起こり、まるでヒッチコック映画のようです。このスリラーは、ラストシーンですべてが明らかになるまで計算し尽くされています。心理学的な要素がとても強く、他にも様々な要素が複雑に絡み合いながら、実にテンポ良く進みます」。もう一人のプロデューサー、ゲイリー・ルチェッシも賞賛している。「この脚本は素晴らしく、すぐに飛びついて映画化に全力を尽くしました。映画の企画は実現するまで気が遠くなるような時間がかかるものがある一方、すぐに実現する作品もあります。幸運にも、ファインド・アウトは「すぐに実現する作品」でした」。バーネットは最後にこう付け加えた。「この映画には暴力的なシーンがほとんどありませんが、お客さんは相当怖いと思います。この脚本で一番自信を持っているところです」。

Allison Burnett:

These days, so many thrillers rely on horrific violence, bloodshed, and the supernatural to create their thrills. Character is sacrificed on the altar of sensation and spectacle. Find Out is an old-fashioned thriller, relying on character to create its story. Ultimately it’s about being the challenge in believing in yourself when the world does not. Jill, the heroine, so brilliantly played by the beautiful and talented Amanda Seyfried, has no one to rely on but herself. This is one of the few thrillers where no man assists the heroine. In fact, the men only get in the way. Jill is a thoroughly modern, empowered young woman….

I hope Michael Pare is as proud to be part of this film, as we were to have him in the cast. He plays the police lieutenant with just the right unsettling blend of skepticism and compassion.

Production Note supervised by Writer Allison Burnett

Allison Burnett, the writer of many feature films, wrote this film entirely on speculation. It all began when producer Chris Salvaterra brought him the idea of a girl buried in a deep hole in the middle of the forest. Chris had no idea what would happen next, but he couldn’t get the image out of his mind. Soon after, Burnett discovered that he too couldn’t banish the image. His journey to write “Find Out” had begun.

Exploring possibilities for the story, Burnett said that at first he couldn’t even begin to imagine how the story would unfold. “I was completely at a loss as to what would happen to Jill, but I decided to discover the story in the writing. To follow the clues exactly as Jill does. I knew that what was unpredictable to me would be unpredictable to the audience.” The script was finished in eight weeks and delivered to Lakeshore Enterntainment at 9:00 in the morning. In less than two hours, Tom Rosenberg called Burnett and told him, “I’ll make this movie.”

Rosenberg says: “The power of this script is that it is based on reality. The story takes place in one day and reminded me of Hitchcock’s classics. This is a thriller thoughtfully calculated until everything becomes clear in the end, the psychological elements are strong, and the plot twists and turns at a furious speed.” Gary Lucchesi admires the script, too. “I seized on the idea as a great one and devoted all my energy to this production. Some film projects take forever to get to production. Others move quickly. Luckily, FIND OUT was one of the latter.” Burnett adds: “What I am most proud of is that there is almost no violence in this film, and yet the audience is terrified.”

Comments are closed.