Michael Pare Official Blog

-マイケル・パレオフィシャルブログ日本語版-

Michael Pare FC

Recent posts

Comments

Categories

Archives

Archives...

Posted in from Michael by Michael
01 5月

こんにちは、みなさん。

ウーヴェ・ボル監督との仕事から戻ったところです。もしかするとこの映画、ボル監督の最高の作品になるかもしれないですよ!

ボル監督とは何度も働いているのでよく知っているのですが、ボル監督の作品には二つのタイプがあります。一つは自分の脚本がとても気に入っているとき。二つ目は製作費調達のために作品を作っているときです。この作品は紛れもなく前者。いい作品になりそうです。主役のドミニク・パーセルはとてもうまい役者でした。「Dungeon Siege」の続編で、また共演できるかもしれません。

「How Sweet It Is」は、今週、衣装合わせの予定です。かの名優ポール・ソルビーノやバート・レイノルズと共演できること、楽しみでしょうがないです。この夏の公開はピッタリなんじゃないかと思います。公開時には政治や地震が落ち着いているといいのですが。

「Starhunter」についてはまだ何も決まっていませんが、そろそろ決まるんじゃないかと期待しています。このプロジェクトを進める上で、皆さんのサポートがとても重要になっています。Starfield Audiencesにみなさんのアイデアを投稿してみて下さい。みんなで楽しみながら作れるはずです!よろしくお願いします。

また投稿しますね。

マイケル・パレ
Posted in from Michael by Michael
30 4月

How Sweet It Is c2012 Suzzanne DeLaurentiis Productionsミュージカルコメディの撮影が5月にスタート予定、ポール・ソルビノ、バート・レイノルズと共演します。タイトルはHow Sweet It Is、ロッド・スタイガーの遺作となったA Month of Sundaysと同じプロデューサー、スザンヌ・デローレンティスです。因みにこの映画は、父スタイガーとの確執から家出して行方不明になっていたフォトジャーナリストの僕が余命を知った父と和解に至るまでを切なくほのぼのと描いたもので大好きな作品です。

新作でも僕はポール・ソルビノの息子を演じます。ソルビノはマフィアのドン、落ちぶれ果てたアル中のプロデューサー、ジャック(バート・レイノルズ)は賭けの借金でさえ払えないほど食いつめている。ジャックが何者であるかを知ったドンはミュージカルを上演させて借金を回収しようともくろむが、ミュージカル大好きなドンが子分と一緒に出演を強要したことから、抱腹絶倒のミュージカルが始まる、といったストーリーです。

マイケル・パレ
Posted in from Michael by Michael
09 4月

イースター(復活祭)とパスオーバー(過越祭)と春。全部一緒にやってくるのは偶然じゃないと思う。
僕たちすべてに新しい幸せな時がはじまるよう願っています。

マイケル・パレ

Posted in from Michael by Michael
03 4月

こんにちは。
もしもみなさんが『スターハンター』いいねと思ってくれるなら、スターフィールド・オーディエンスというフェイスブックにアクセスしてみてくれませんか?どうすればいいか、意見を聞かせてほしいのです。プロデューサーのフィリップ・ジャクソンは僕の演じていたダンテをセカンドシーズン全体に絡ませて再始動したうえで新しくシーズン3をやりたいと計画を練っています。グローバルテレビはこの種の番組には強いです。でも僕は視聴者がほんとに望んでいるかどうかを知りたいのです。

大好きな日本のみなさんへ。今の困難に耐えて、そして未来はより輝いていると信じてほしいと思います。

マイケル・パレ
(訳:オリオンの三ツ星)
Posted in from Michael by Michael
27 3月

地震がおさまってこの惑星が静かになることを願っています。自然はまさに不可解で計りしれないもの、何が起こるかなんて誰にもわからないものです。
いつも皆の側にいることを忘れないでほしい。

マイケル・パレ
Posted in from Michael by Michael
27 3月

友人であり監督でもあるエリック・エテバリの新作Snapshotの撮影でニュージャージーに戻ったところです。この作品は彼が手がける2番目か3番目の劇場映画なんだ。この映画で演じるのは米大統領の役。エリックは興味深い仕事仲間であると同時に刺激的でもある。どんな映画になるか楽しみです。彼はまたThe Lincoln Lawyerのブラッド・ファーマン監督に引き合わせてくれた人物でもあります。

マイケル・パレ
27 3月

旧知のフィリップ・ジャクソンから最近連絡があり、僕が演じたダンテのキャラクターを近く再リリースする「スターハンター」シーズン2に織り込んでシーズン3に出演しないかというオファーがあったんだけど、クラブのみなさん、どう思う?

マイケル・パレ

Posted in from Michael by Michael
27 3月

GONE(行方不明)の公開はとてもエキサイティングでした。この役をくれたことに対して、トム・ローゼンバーグには非常に感謝しています。製作したレイクショアー社にとっては、儲かるかどうかとは別の映画です。この映画には特殊効果があるわけでもなく、完全に脚本と演出と俳優、特にアマンダ(セイフライド)の演技に負うところが多いのです。もちろん、音楽、編集、衣装、撮影も素晴らしいです。
僕は30年以上俳優をやってきましたが、その中で鍛練や見る目が養われてきたと思います。それは喜びです。
今まですべてのジャンルの作品に出演しましたが、不思議なドラマ、中でもスリラーは面白いですね。アマンダと一緒の仕事はほんとに楽しかったです。彼女は才能があって魅力的で美しくて、そしてこの上もなくプロフェッショナルな人でした。
観客のみなさんが僕と同じくらいこの作品を楽しんでくれたらなと思います。

マイケル・パレ
(訳:オリオンの三ツ星)

Posted in from Michael by Michael
25 2月

映画に俳優として出演し始めてから、30年になります。そのあいだ大作にも出ましたし、制作費があまりかかっていない作品にも出演してきました。今回の「GONE」もそうですが、大作の方がいろいろな意味でいいことが多いです。「The Lincoln Lawyer」や「GONE」では本当に素晴らしい経験が出来ました。キャスティングしてくれた制作会社Lakeshoreの代表トム・ローゼンバーグには感謝の気持ちでいっぱいです。

「GONE」の脚本はトムからもらいました。目を通す前から素晴らしいシナリオだろうと思っていたのですが、驚いたのはアマンダ・セイフライドが演じるジルの境遇です。本当に素晴らしい。次々に恐怖や困難が降りかかる。まさに修羅場、苦境の連続です。

ジルに降りかかることは悲惨としか言いようがありません。誘拐され、暴行され、ほとんど殺されかけた。なんとか逃げ出して警察に駆け込んだというのに、拘束されたあげく、気違い扱い。釈放されると、今度は妹が誘拐される。警察には容疑者として疑われ、再度拘束しようとする。警察はあてにならない。一刻も早く妹を自分で助けないと。。。なんとも素晴らしい脚本。

僕はボーズマン刑事を演じます。

マイケル・パレ

GONE

「GONE」が公開されること、いま、とても楽しみにしてます。プロデューサーのトム・ローゼンバーグが僕をキャスティングしてくれたんですが、本当に感謝に堪えません。

トムが代表をつとめる制作会社LakeshoreはSFアクション大作「アンダーワールド」シリーズなど特殊効果を駆使した映画を作ることで知られています。一方でオスカーを受賞した「ミリオン・ダラー・ベイビー」や僕が出演した「The Lincoln Lawyer」など、特殊効果をほとんど使わず、完全にシナリオの出来で勝負する映画も得意としています。「GONE」はまさにこのタイプで、よく練られたシナリオ、的確な演出、アマンダ・セイフライドに代表される俳優の繊細な演技、もちろん臨場感を与える音楽、編集、撮影、衣装に至るまで、全てが妥協を許さない最高レベルで作られた映画です。

僕はこれまでいろいろな映画に出演してきましたが、この映画のようなドラマとスリラーが特に好き。アマンダ・セイフライドとは共演できて、本当に良かったです。才能、かわいらしさ、美しさ、非の打ち所がない仕事ぶりでした。

演じていて、とても楽しかった作品です。みなさんにも喜んでもらえたら嬉しいです。

マイケル・パレ

—————————-
gonebanner1.jpg
GONE starring Amanda Seyfried opens nationwide
in theaters on Friday, February 24.
Michael plays Lt. Ray Bozeman.
NO ONE BELIEVES HER
NOTHING WILL STOP HER
                             —–  BlogConcierge