Michael Pare Official Blog

-マイケル・パレオフィシャルブログ日本語版-

Michael Pare FC

Recent posts

Comments

Categories

Archives

このエントリーは、映画100 FEETエリック・レッド監督がこの映画でのマイケルについて語った文を、監督に許可をいただき、マイケル・パレファンクラブBlogConciergeが投稿した記事です。
**
神秘的な霊魂のキャラクターに対するマイケルのアイデア、演技に伝統的なアジアの幽霊映画を呼応させるそのアイデアには瞠目しました。マイケルにとってそれは驚嘆すべき変化となるでしょう。観客は100 FEETでのマイケルの演技に圧倒されるのでは。彼の沈黙が発する強烈な感情と存在感、それは「バッドムーン」をはるかに凌駕しています。特に「呪怨」や「リング」といった素晴らしい伝統をもつ日本の観客は、マイケルのゴーストによって私たちが作り上げようとしているこの映画と波長が合うのではないだろうか。
相手役ファムケ・ヤンセンの類い希な美しさ、それだけでなくファムケは傷つきやすく複雑な女性をリアリティをもって演じています。
さぁ、これから編集のスタート、撮影した映像はとても素晴らしく、これらが一体となってきっといい仕上がりになると思います。マイケルはこれからも一緒に働きたい最もクールな俳優、今後の作品すべてにマイケルを使いたい、次回作では必ずグッドガイ役でね。でもマイケルはエッジイでダークなキャラクターを演じたいと望んでいるのも事実なので、結構ゴースト役を楽しんでいると思う。
posted by BlogConcierge with permission from Eric Red, writer/director of 100 FEET
**

6 Comments for エリック・レッド監督 新作「100 FEET」のマイケルを語る

  1. Comment by 吾亦紅:

    しばらくびっくりが止まりませんでした。
    なんとマイケル・パレさんが自らブログを執筆?!
    我が目を疑っちやいました。大拍手!!!
    続いてエリック・レッド監督のコメント、これまた我が意を得たりのマイケルさん賛辞。ニア・ダークが好きな吾亦紅にとって嬉しいコラボであります。
    次の作品も一緒に、ということは三度の新作が予定されているのでしょうか。わくわく、ちょっとドキドキ。
    次は麗しい役でお願いします。


  2. Comment by ちよ◆吾亦紅様:

    ◆吾亦紅さま
    私もいまだに信じられません~!
    お忙しい中、ファンのために執筆してくださる・・・
    本当にありがたいことです(*^^*)
    新作、私もあの美しい瞳が際立つような
    麗しい役に期待しております♪


  3. Comment by Yoko:

    マイケル・パレさまのオフィシャルブログを日本語で読めるなんて!何と嬉しいことでしょう。
    マイケルさま、貴方のメッセージ、楽しみにしています。
    エリック・レッド監督の「これからも一緒に働きたい最もクールな俳優、今後の作品すべてにマイケルを使いたい」というコメントに感謝です。
    クールな色使いの美しいサイトの運営、何より日本語訳にご苦労されていることと思いますが、頼りにしていますので、よろしくお願いします!!


  4. Comment by みちこ:

    マイケルの才能をきちんと理解してくれる人がここにも!
    監督のコメントに、ただ大きく頷くばかりです(首が痛い)
    特に、この一文
    ”彼の沈黙が発する強烈な感情と存在感、それは「バッドムーン」をはるかに凌駕しています。”
    「バッドムーン」でのマイケルの沈黙の演技におおいに惹かれた私としては、
    吾亦紅さんの言葉をお借りすれば、まさに我が意を得たり!です。PCの前で親指立ててます!!


  5. Comment by ちよ◆Yoko様:

    ◆Yokoさま
    次回作では、どんなマイケルさんにお会いできるのか
    時間が許せば、それもマイケルさんのお口から
    聞くことができるかも知れませんね♪
    マイケルさんご本人、ブログ、日本語!
    三拍子そろった(?)日本語サイトを
    これからもよろしくお願いいたします♪
    ありがとうございました(^^)


  6. Comment by ちよ◆みちこ様:

    ◆みちこさま
    はい、サ○ンパス(^○^)ノ□
    本当に首をぶんぶかぶん!とふってしまうような
    監督の力強いお言葉、嬉しいですよね~
    沈黙演技、あぁ今からあの美しい瞳を
    想像せずにはいられません!!
    日本の私たちが観られる日まで
    少し時間がかかるかも知れませんが
    とても楽しみですね(^^)